ブログ

「コートハウスの現場」

札幌市内のコートハウスが外構工事を残し
ほぼ完成。
来月早々の引き渡し。

「引渡し」

「corb east」
今日、無事に引渡し完了しました。
クライアントから計画のお話を頂いてほぼ2年、紆余曲折ありましたが全て良い経験と結果でした。
この計画に携わって頂いた全ての方に感謝です。

corb eastの完了検査

今日は「corb east」でクライアントと我々の完了検査。
問題はなく、あとは29日の撮影、そして30日はクライアントへの引き渡し。
引き渡しはもちろんおめでたいことなのだがもう勝手に中に入れなくなるので複雑な心境。

写真は4階のメゾネットタイプ。

「corb east」の外観

「corb east」、足場が取れました。
今日から外構工事。

「ドキドキ」

「corb east」の足場解体。
いつものことだが初めて建物全体を見ることになる足場解体は緊張する。

「corb east」の近況

corb eastの現場。
今月末の引き渡しに向け工事は急ピッチ。
写真はクライアントとエントランスホールの掲示板の位置を決めているところ。

5月入居というイレギュラーな時期だが入居予約状況は順調であと1戸を残すのみ。
これが大きなコート(庭)と土間付きのお薦めのタイプ、引越しをお考えの方是非ご検討下さい。

「愛媛の住宅」

「愛媛の住宅」模型が完成。
敷地の形状、向きと周辺環境の取り込みたい風景にズレがあり、そのズレを拠り所に建築を構成。

パースの効いた土間空間の吹抜けが気持ち良さそう。



「corb east」

「corb east」の現場。
4月下旬の完成に向けて内装工事が進み、完成後のイメージが想像し易くなってきた。
写真は共用部分である中廊下、住戸専有部分と違いお金(利益)を生まないところ。お金を生まないのでデザインが蔑ろにされ、薄暗い廊下が多い。集合住宅は共用部分のデザインこそ大切だと思うのだが・・・。



「corb east」

「corb east」の現場。
4〜5階のメゾネットタイプの階段取付。
当り前だが職人が階段の部品のひとつひとつを組立てる。
生産性は悪いが手間を掛けることは「建築」を造る上では重要なこと。

「コートハウス現場」

コートハウスの現場、スキップフロアーの感じや空間の繋がりがだいぶ解るようになってきた。