BLOG 2016.7.12

「原寸検査」

ある住宅の鉄骨階段の原寸検査に金物屋さんの工場に行ってきた。
原寸検査とは文字通り原寸つまり実物大の図面を描き納まり等を確認します。
設計図書は1:50や1:20などの縮尺されて描きますが最終的には原寸の世界に繋がります。
CADの時代になってその繋がりが希薄になっている気がします。
手描きにせよCADにせよ、出来上がるものはもちろん原寸そのものです。そのことは縮尺された図面を描きながらも常に意識していなければと思います。

BLOG 2016.7.8

「完了検査」

札幌市西区八軒に建築中の現場、
塗装工事等、少し工事が残っていましたが本日完了検査が無事終了しました。
敷地面積27坪の木造3階建ての住宅です。
手直し工事等が若干有り完成は来週中頃、撮影は来週末予定。

BLOG 2016.5.20

「建売住宅」

札幌市西区で建設中の「建売住宅」の外部足場がはずされました。
仕上はスパンドレルタイプのガルバリウム鋼鈑と板張り、色は今回も白。

内部も仕上げ工事に入っています。
家具工事が遅れ気味で完成は6月初旬頃、
暫くは施工会社(売主)のモデルハウスとして使用予定。
見学希望の方、ご連絡頂ければご案内致します。

BLOG 2016.4.21

「小さなビル」

「小さなビル」を計画している。
用途的には住宅に近いが少し違う、別々に暮らす2世帯家族のコミュニティーの場と言えばニュアンスとしては近い。
内部の機能と前面道路との関係を考えて外壁はストライプ状に欠き取られている。

BLOG 2016.3.8

「上棟」

札幌もようやくここ数日春らしい陽気になる。

札幌市西区に建設中の住宅の上棟。
約27坪の敷地に建つ木造3階建て、5月完成予定。

BLOG 2016.2.9

「基礎工事」

札幌市西区で工事中の「建売住宅」の現場、杭工事が終わり基礎のための根切り工事。
着工が予定より少し遅れたが5月中には完成予定。

BLOG 2016.2.2

「新プロジェクト」

新しい住宅の計画がスタートしました。
昨年10月下旬からクライアントと共に土地探しから始まったプロジェクト、
敷地は地域、金額、周辺環境等々、多くの項目を検討して決定するのですが、この判断がなかなか難しい。
検討にあまり時間を掛けていると他に売れてなくなってしまう事もあります。
また、すべての検討項目を満足することもありません。
満たない部分をどのように設計で解決するのか、ここが腕の見せ所でしょうか。

BLOG 2016.1.15

「日射し」

最近まで積雪が例年の約半分と少なめでしたが、ここ2〜3日の雪で「whitecollage」からの景色もすっかり冬らしいものとなりました。
しかし、日射しは春のそれに日に日に変わっています。

BLOG 2016.1.3

「謹賀新年」

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

BLOG 2015.12.26

「鎌倉近代美術館」

「神奈川県立近代美術館」、通称「鎌倉近代美術館」が来年1月での閉館が決まったと少し前のニュースになっていました。
「鎌倉近代美術館」は私の師である建築家・東孝光先生の師である坂倉準三先生がフランスのル・コルビジェのアトリエから日本に戻って最初のまとまった作品で1951年に完成しています。
私も何度となく訪れていて、日本にある建築の中で最も好きな作品のひとつ。
経緯は解りませんが、敷地が「鶴岡八幡宮」の境内にある借地で賃貸契約が2016年3月までで、解体期間を考慮して2016年1月の閉館となったようです。
良い建築がなくなるのは本当に寂しい。

追記(20160104)
2016年1月4日、北海道新聞の記事によると2016年1月末で一般公開修了、3月末で閉館、その後は鶴岡八幡宮が文化施設として利用するようです。
どのように利用するのか解りませんが解体は免れたようです、訂正致します。