ブログ

「ル・コルビジェ」

映画「ル・コルビジェとアイリーン」を見てきました。
コルビジェは建築家系的にはル・コルビジェ坂倉準三東孝光山内圭吉、と曾祖父にあたります。
映画の中のル・コルビジェは嫉妬深く自己顕示欲の強いちっちゃい男・・・、ちょっと残念。

映画にも出てきたコルビジェの有名な言葉「住宅は住むための機械」、一般的には近代建築は無機質で冷たいというイメージ、と捉えられています。
実はそうではなく、当時は戦争という時代背景もありもの凄いスピードで進歩している船や飛行機に対し、進歩のない「建築」に苛立ち発した言葉ではないかと・・・、持論ですが。

「基礎工事」

札幌市内の住宅、基礎工事が始まり、先ずは根堀工事。
平屋に近いので基礎の面積が大きい。

今週末に冬期養生のための上屋を掛け、鉄筋工事、型枠工事そしてコンクリート打設。

「地鎮祭」

雪の中の地鎮祭。

今年は冬の訪れが例年より1ヶ月近く早い。
寒い現場、大工をはじめ職人への感謝と
事故なく無事に来春の完成を迎えることを祈願する。

秋の「white collage」

先日の雪と打って変わって、今日の札幌は快晴。

white collage」の秋の撮影。
季節によって表情が変わるが、秋が一番良い感じ。
室内の空気も心なしか黄色い。



「雪」

ほんの数日前、「white collage」の隣の公園の銀杏並木が色づいてきたので、近々に撮影をしようと考えていたら、今日の札幌は雪・・・。
明日から天気は回復するようだが銀杏の葉が残っているか心配。

「ロケーション」

新しい住宅のプロジェクトの敷地。

札幌の中心部から車で僅か15分くらいの所だが、周囲は自然に囲まれた環境の敷地。
中心部近くにこれほど良いロケーションの敷地がまだ残っていた事に驚く。

さて、そのロケーションを「建築」にどう反映させるか・・・思案のしどころだ。

「新しいプロジェクト」

新しい住宅のプロジェクトのスケッチ。
敷地状況は北面に札幌市の街を見下ろし、南面には豊かな自然が広がる。
街と自然を繋ぐInterfaceのような建築。

繋ぎ方のスタディに時間を費やす。

「Felice」撮影

延び延びになっていた千歳市の美容室「Felice」の撮影。
奇麗に使って頂いているオーナー、スタッフに感謝。

写真の整理が出来次第WorksにUP予定。





「完成引渡し」

白石ガーデンプレイス皮膚科クリニック」、手直し工事が終わり無事に引渡しを行う。

珍しく曲線を使ってみた。



「白石ガーデンプレイス皮膚科クリニック」

白石ガーデンプレイス皮膚科クリニック」の現場。
消防の検査そしてクライアントのチェックが無事終わり、今は6月5日の引渡しに向けて手直し工事の最中。