white court

2020 Sapporo Hokkaido

DATA
所在地  北海道札幌市
用途   住居
構造規模 RC造地下1階地上3階建
敷地面積 198.35㎡
建築面積 118.16㎡
延床面積 240.64㎡
写真     酒井広司


Location: Sapporo, Hokkaido
Type: Residence
Structure: RC
Site area: 198.35 sqm
Building area:118.18 sqm
Area: 240.65 sqm

Photographs: Koji Sakai

COM
敷地は札幌市の中心部から西に3kmほど、円山の山麓近くにあり、周辺には住宅や高層の分譲マンションの他、中低層の賃貸マンションや寺院等が建っている。そんな雑多な周辺環境の中、やや変形した約200㎡の敷地に白いコートハウスは建っている。
ご夫婦と大学生2人の4人家族のために建てられたこの住宅は、家族そして場の繋がりを考えながら設計を進めた。
家族各々の意識とともにリビング、ダイニング、キッチン、予備室そして外部空間である中庭やガレージ、それぞれの場が繋がったり離れたり、そんなフレキシブルな空間の繋がり方を目指した。
半階分ずれた床レベルの差やアイレベルの違いによって変化する視線の抜け等がそのきっかけや補助になる。

ENG
Located about 3 km south of central Sapporo near the foothills of Mt. Maruyama, this residence is surrounded by single-family homes, high-rise condominiums, mid-rise apartment buildings, temples, and shrines. The white Court House stands among this jumble of development on a slightly irregular 200 m2 lot.
Built for a couple with two university-aged children, the design prioritizes family and community connections. Our aim was to flexibly link and separate the living room, dining room, kitchen, bedrooms, and exterior courtyard and garage to match the needs of the family. The elevation gaps between the skip floors and the resulting changes in eye level contribute to this sense of connection and distance.