模型

迷った時や最終的に確認するときはやはり模型。
CGにすることもあるが所詮は2次元の絵、信用できない。流石に今はクライアントに説明する図面や最終的な図面はCADだが、そこに至る過程は相変わらず手を真っ黒にして鉛筆でトレーシングペーパーにスケッチをしたり、模型を作ったりアナログのまま。出来上がる建築が結局アナログそのものなので当たり前と言えば当たり前か。