White Collage

2009 Sapporo Hokkaido

DATA
所在地  北海道札幌市
用途   住居
構造規模 鉄骨造3階建
敷地面積 88.00㎡
建築面積 47.76㎡
延床面積 119.03㎡
写真   酒井広司


Location: Sapporo, Hokkaido, Japan
Type: Residence
Scale structures:Steel frame 3floor
Site area:88.00sqm
Building area:47.76sqm
Area: 119.03 sqm

Photographs:Koji Sakai

日本建築学会北海道建築奨励賞

COM
 間口5.4mの楔形をした88㎡の小さな敷地にこの家は建っている。
 敷地の東側は交通量の多い幅員20mの道路、南側は野球グランドやテニスコートを備えた緑豊かな公園に面している。 公園では遊具で遊ぶ子供達、愛犬と散歩をする老人、季節によって表情を大きく変える銀杏並木等の既存風景がこの家が建つ前から存在していた。 「白のコラージュ」は元々存在する周辺の日常風景と、その中に住宅が建つことによって生まれる新しい生活の風景がコラージュされひとつの風景になることを意図した。  

建築が限定した敷地の上にあり続けるために普遍的な周辺環境との関係構築は重要で、そして継続的なテーマである。 この住宅では隣接する公園の様々な風景の断片を内部に取り込むために、また建物の外皮の一部になるように厚さ0.35ミリのステンレス板が室内外に貼られている。 この薄いステンレス板に映り込むやや歪んだ風景は時間の流れや季節の変化と共に刻々と変化する。

ENG 
This house stands on a small wedge-shaped site with a frontage of 5.4m and area of 88㎡.
The eastern side of the site is a 20m-wide busy road, and the southern side faces a green park with a baseball field and tennis courts.Before this house was built, scenes of the park already existed: children on the playground, old people walking their dogs, or ginkgo trees that dramatically change their expression as the seasons progress.It is intended for “White Collage” to form a collage of the existing everyday scenes and the new scenes that are born from building this new house, and to create one unified scene.

Since the building will continue to exist on the specific site, development of a relationship with the surrounding universal environment is important, and it is a theme that must be tackled continuously. In order to capture various sceneries of the neighboring park inside the house, and to create a portion of the exterior skin for the building, 0.35mm thick stainless steel sheets are placed on the interior and exterior of the house. As time and the seasons go by, the somewhat distorted reflections of the scenery on these thin stainless steel sheets keep changing.