Spiral House

2011 Sapporo Hokkaido

DATA
所在地  北海道札幌市
用途   住居
構造規模 木造地上1階地下1階建て
敷地面積 165.23㎡
建築面積 76.50㎡
延床面積 103.77㎡
写真   酒井広司

 
Location:   Sapporo, Hokkaido, Japan
Type:   House
Structures:  Wood
Site area:   165.23 sqm
Building area:  76.50 sqm
Area:  103.77 sqm

Photographs:  Koji Sakai

COM
 札幌市の南東、周辺は自然がまだ少し残る住宅地の中、 緩やかな坂道を下りきった角地にこの家はある。敷地には元々1.4mの高低差があり、コストを考慮すると出来るだけ敷地形状には手を加えないことが重要である。 いくつかの案が検討されたが、敷地が持っていたちょうど半階にあたる1.4mを利用したスキップフロア案が比較的スムーズに決定した。
 建物の構成はまずヴォリューム的に必要とされる2層分のボックスの角を敷地の低い地点にセットし、坂道を下ってきた動線が角地を巻き込む様に右回りの螺旋状に浮上しながらボックス内に入り込み、その動線に沿って個室、リビング、水回り等、各スペースが設けられスキップフロアが構成されている。 スキップフロアによりこの建物にはいくつかのアイレベルがあり、立つ位置によって視線が繋がったり遮断されたりし、それに伴いスペースとして認識する領域も拡張または縮小する。
 それは領域の変化と同時に家族間のコミュニティの密度も変化する事になる。

ENG
 The house is located on a corner site at the bottom of a sloping road in a residential district with some remaining natural elements, in the southeast region of Sapporo City. The site naturally has a 1.4-meter gap at the ground level, but we chose to keep it untouched at an early stage due to the limited budget. After considering several schemes, we finalized a split level scheme utilizing the 1.4-meter gap, equivalent to 1/2 of the floor height, without much difficulty.
 Firstly we placed a two-story box on a site, which is an appropriate volume to accommodate all requirements, with its corner directed towards the lowest point of the site. Then we set a circulation route, which makes a spiral rotating clockwise on the corner site. The spiral elevates itself and enters the box, and all spaces including private room, living room, bathroom etc. are provided along the circulation route, creating the split-level composition. Each split level offers a different viewpoint. Moving along the circulation route, one’s view expands or gets obstructed, and consequently the field of his/her spatial perception expands or gets compressed.
 Such spatial transformation will trigger changes in density between family members and their community.