Spiral House

2011 Sapporo Hokkaido

DATA
所在地  北海道札幌市
用途   住居
構造規模 木造地上1階地下1階建て
敷地面積 165.23㎡
建築面積 76.50㎡
延床面積 103.77㎡
写真   酒井広司

 
Location:   Sapporo, Hokkaido, Japan
Type:   House
Structures:  Wood
Site area:   165.23 sqm
Building area:  76.50 sqm
Area:  103.77 sqm

Photographs:  Koji Sakai

COM
 札幌市の南東、周辺は自然がまだ少し残る住宅地の中、 緩やかな坂道を下りきった角地にこの家はある。敷地には元々1.4mの高低差があり、コストを考慮すると出来るだけ敷地形状には手を加えないことが重要である。 いくつかの案が検討されたが、敷地が持っていたちょうど半階にあたる1.4mを利用したスキップフロア案が比較的スムーズに決定した。
 建物の構成はまずヴォリューム的に必要とされる2層分のボックスの角を敷地の低い地点にセットし、坂道を下ってきた動線が角地を巻き込む様に右回りの螺旋状に浮上しながらボックス内に入り込み、その動線に沿って個室、リビング、水回り等、各スペースが設けられスキップフロアが構成されている。 スキップフロアによりこの建物にはいくつかのアイレベルがあり、立つ位置によって視線が繋がったり遮断されたりし、それに伴いスペースとして認識する領域も拡張または縮小する。
 それは領域の変化と同時に家族間のコミュニティの密度も変化する事になる。

ENG
 The house is located on a corner site at the bottom of a sloping road in a residential district with some remaining natural elements, in the southeast region of Sapporo City. The site naturally has a 1.4-meter gap at the ground level, but we chose to keep it untouched at an early stage due to the limited budget. After considering several schemes, we finalized a split level scheme utilizing the 1.4-meter gap, equivalent to 1/2 of the floor height, without much difficulty.
 Firstly we placed a two-story box on a site, which is an appropriate volume to accommodate all requirements, with its corner directed towards the lowest point of the site. Then we set a circulation route, which makes a spiral rotating clockwise on the corner site. The spiral elevates itself and enters the box, and all spaces including private room, living room, bathroom etc. are provided along the circulation route, creating the split-level composition. Each split level offers a different viewpoint. Moving along the circulation route, one’s view expands or gets obstructed, and consequently the field of his/her spatial perception expands or gets compressed.
 Such spatial transformation will trigger changes in density between family members and their community.

House-K

2012 Sapporo Hokkaido

DATA
所在地  北海道札幌市
用途   住居
構造規模 鉄骨造3階建て
敷地面積 201.43㎡
建築面積 119.92㎡
延床面積 198.36㎡
写真   酒井広司

 
Location: Sapporo, Hokkaido, Japan
Type: Residence
Scale structures:Steel frame 3floor
Site area:201.43sqm
Building area:119.92sqm
Area: 198.36 sqm

Photographs:Koji Sakai

COM
 札幌市の平均的な住宅地に建てられた夫婦と小学生2人の4人家族と祖母が住む2世帯住宅である。 断面構成は1階が祖母、2〜3階が4人家族のスペースとなっており、玄関部分のみが共有でその他はそれぞれ自立をして生活ができる様になっている。
 通行人や周辺からプライバシーを守ることと十分な採光の確保という相反する要望を解決するために2つの中庭が設けられている。 1階では別棟のガレージを南側の道路面に建て、住宅棟を北側に寄せ中庭を設けた。 ここではプライバシーを守り採光を確保する他、祖母の趣味である家庭菜園として利用されている。 2階の食堂の東側には壁に囲まれた庭を設けた。ここでは屋内的用途の延長スペースとして周囲を気にする事なく小さなパーティー等に利用される。

 ENG
 This two-household home for a couple with two elementary school kids and their grandmother is built in a typical residential area in Sapporo-city, Hokkaido prefecture. The first floor is for the grandmother, the second and third floors are for the family of four, and they share the entrance. This floor composition allows each family to live independently.
 Two courtyards are made to fulfill the contradicting requirements of ensuring privacy from passersby and the surroundings, and of providing abundant daylight. For the first floor, the garage is built separately on the south side that faces the road. The house is built on the north side, and a courtyard in-between. In addition to ensuring privacy and providing daylight, this yard is used as a kitchen garden for the grandmother. A yard surrounded by walls is created on the east side of the dining room on the second floor. This yard is used for small parties as an extension of the indoor space without being conscious of the surroundings. 


emilio

2013 Hokkaido Sapporo

DATA
所在地  北海道札幌市
用途   美容室
延床面積 83.0㎡
写真   山内圭吉

 
Location:Sapporo,Hokkaido,Japan
Type:Beauty salon
Area:83.0sqm
Photographs:Keikichi Yamauchi

Link to emilio 

COM
「非日常的リラクゼーション」
札幌市中央区の円山地区にオープンした、セット3面、シャンプーユニット2台の小さな美容室である。 この円山地区は住宅地としても人気の地域だが、界隈には趣味の良い店舗も数多くあり、美容室も少し飽和状態にある。 来客の美容室へのニーズはカットやセットの高い技術の他、癒しや寛ぎも求められており、近年益々その傾向が強くなっている。 このサロンの計画においても癒しや寛ぎは重要なテーマだが、求められているのは自宅で感じる日常的な寛ぎではなく、気持ちのどこかに高揚感や期待感が伴う「非日常的リラクゼーション」である。

このサロンは無機質でクールな印象のスタイリングエリアと線の細い木製ルーバーによって優しく包まれるシャンプーエリアがあり、性格の異なる2つのスペースはお互い助長関係にある。そして、それぞれのスペースには杉や檜の樹皮を特殊加工した人工土壌を用い植物が床や壁や天井に植えられている。床に植えられたやや背の高い植物は2つのスペースを柔らかく分節し、天井に植えられた蔦は空間に奥行きを与えている。
またシャンプーエリア床に植えられた蔦は壁面に張られたステンレスワイヤーをよじ登り、やがて浸食するように天井のルーバー全体を覆う。
植物の存在や香りは人に癒しや寛ぎを与えてくれるが、植物が室内の床や壁や天井に茂る光景の中に非日常を感じてもらえたら嬉しい。

ENG
Extraordinary relaxation
In Maruyama district, Chuo-ku, Sapporo, a small beauty salon with three salon chairs and two shampoo units opened. Maruyama district is popular as a residential area. Many tasteful shops exist and there are already a sufficient number of beauty salons in the neighborhood. Customers expect a beauty salon for comfort and relaxation, in addition to high skills for cutting and setting, and this tendency has increased in recent years. For this salon plan, comfort and relaxation are important themes. However, the required relaxation is not the usual relaxation that one can feel at home; rather, it is the “extraordinary relaxation” that brings a sense of exaltation or expectation somewhere in one’s mind.
 
The salon has a styling area with an inorganic and cool impression, and a shampoo area which is softly surrounded by narrow wooden louvers. These two spaces with different identities have a relationship of mutual encouragement. Plants are grown on the floor, walls, and ceilings of each space, using artificial soil made from specially processed cedar and cypress bark. The rather tall plants on the floor roughly divide the two spaces, while the ivy on the ceiling provides a sense of depth to the area. Ivy planted on the shampoo area floor climbs stainless steel wires on the wall and covers the entire louvers on the ceiling as if consuming them.
Although the existence and scent of the plants provide comfort and relaxation, we are happy when one can feel something extraordinary in the sight of vigorously growing plants on the floor, walls, and ceiling inside the building.

CORB

2004 Sapporo Hokkaido

DATA
所在地  北海道札幌市
用途   集合住宅
構造規模 RC造地上10階建
敷地面積 499.16㎡
建築面積 231.79㎡
延床面積 1,860.78㎡

COM
敷地は古くからある商店街の中にある。かつて栄えた商店街も多くの店舗はマンションに建て替えられたり、取り壊され更地のままの状態が目立つ。
この建物は39戸の賃貸集合住宅である。住戸はワンルーム、1LDK、2LDKがあり、タイプはメゾネットタイプも含めA~Gの7つのタイプで構成されている。